日記メイン。雑感や管理人tokiwailm(常盤いるむ)の落書きや【ぴく悪】など。サイコ○トラー某は関係ありません。


by tokiwailm

【ぴく悪】キャラクターから見た「悪」【バトン?】

イノウエさんがブログで触れておられたマイキャラの「悪」観ですが、
私も便乗させて頂きます。
キャラ数多いので&未公開設定が多いので長くなりそうですが・・・

○栃野さくら(殺人鬼)
この子の場合「自分が楽しければ『悪』でもいいじゃん」という系かと。
普通の人にあるべき頭のネジが外れている、とも表現できるでしょうか。
元々ホラーやそれ系のゲーム好き、と言う設定があり、
普通の人間なら実際にそれを体験・再現しようまでとはいかないわけですが、
この子はそれを踏み越えて自分でやり始めてしまった、というわけです。
そしてそれに何の呵責も感じていない、と。

○四谷隆司(無頼徒)
こいつは本当にただの不良なので、「悪」が何か?なんて難しいことは考えてはおらず、
世間一般でいう「不良」のイメージ通りに行動しているだけなんだと思います。
突っ張ってはいますが、おそらく本気でヤバイことには手を出さず、
何だかんだいって一般人的な範疇から出られない程度の「悪役」ではないかと。
将来は案外普通の社会人になっていて、友人や子供に
「俺は昔・・・(ry」なんて長々と語っていたりするのかもしれません。

○ドルフプルス(狂信者)
彼女は典型的なマッドサイエンティストなので、自分の行動が「悪」であるかなんて、
全く眼中にないタイプです。人に「悪」だと指摘されても多分笑い飛ばすだけ。
その一方で毒薬工房の三代目としての信用や伝承を守る、というプライドも
あるでしょう。どちらにしろ自分の行動は全く正しいと考えていることは確か。

○粕田寛務(迷怪盗)
「盗撮」という手段によって他人にも「覗き」(=幸せ)をおすそ分け、
自分の力はその為にある、と案外使命感に燃えているキャラクターという設定。
ある意味狂信者めいた面もあるのだと思います。
その一方スパイ行為も行う所、非常に危険な暗黒街の女性を狙って撮るなど、
「暗黒街」というスリルを楽しむ、という思考もあるのかもしれません。

○ミカエラ・ヴァルター(無頼徒)
彼女は暗黒街の住人・悪役として確かな仕事を行い、名を上げる事が、
アプリコットマーフィーの娘としての誇りであり、自分のやるべき事だと考えています。
またその為にはどんな「悪」に堕ちることも厭わないという決意もあるでしょう。
ある意味根は真面目なのかもかもしれません。
ヒーローであるミモザも方向性と手段が違っているだけで、行動原理はやはりアプリ娘
としての誇り、です。
よって彼女らは快楽であるとか、はっきりとした正義感であるとか、
そういったものに従っている訳ではなく、将来生き方について葛藤をしうる、
少々不安定な「悪役(とヒーロー)」ではあります。

○コロナ(狂信者)
彼女は死神として経験不足な面を自覚しており、人間観察的な意味でイタズラを
行っています。その事で人が苦しむことに何の感傷もないのが彼女です。
本質的には悪霊の眷属であるという設定があり、その性質ゆえにそうするのです。
「悪」であるという自覚はありますが、ためらいはありません。
また「生きることに消極的な相手を嫌う」のは彼女がかつて人間であったとき、
もう少しで幸せが手に入る、というところで死ぬ羽目になったためです。
一方、属性として持つ「火」は破壊の象徴、そして好む「花」は季節が巡るたび、
枯れてはまた花を咲かせる復活の象徴である、そういうデザイン的な意味がありました。
物事を正しく回すためには古いもの、不要なものは一旦捨て去らねばならない、
しかしそれは時には非情な「悪」に見えたり、過ちであったりする。
そういう「悪」を行う存在としてのイメージもあります。
今考えてみると相当大げさな感じですが、これは企画主補正ということでご容赦。

○ポールマン2&3号(迷怪盗)
これらはコロナに合わせて行動しているだけで、主体性はないんだと思います。
恐らく他のポールマンもZEROやゼノンを除けばそうなのではないでしょうか。
ただ、設定にある「悪に仕える」という主義だけ貫き通す「意思」はあるのでしょう。
主人が万一改心などしたら、彼らはあっさり主人を見限るのかもしれません。

○フレスベルグ(殺人鬼)
イベント開催時においおい明かして行こうと思います。ネタバレなので・・・

以上です。
改めて考え直してみると面白いものでした。
悪であることが当たり前ではないかと思われる暗黒街ですが、
その理由や考え方はキャラクターそれぞれなのだと思います。
[PR]
by tokiwailm | 2008-11-28 07:40 | Pixiv・ぴく悪