日記メイン。雑感や管理人tokiwailm(常盤いるむ)の落書きや【ぴく悪】など。サイコ○トラー某は関係ありません。


by tokiwailm

カテゴリ:その他雑記・絵( 64 )

入場料¥3000+消費税¥150で有名な(?)例のスポットです。
大阪からは行きづらいので帰省時を狙っていたのですが、
とある理由で入場料が浮いたので今回訪問を。

結論から言うと、絵が好きなら¥3150は払っていいのでないの?ということ。

古今東西幅広い作品(殆ど洋画ですが)が千点以上も一堂に会しているのは、
ここにおいて他はないだろうと。
実は全部複製画だったりするわけでそこはネックかもしれませんが、
そのかわり写真は撮り放題、全て原寸大再現と利点もあります。
ミケランジェロの「天地創造」とか、ダヴィンチの「最後の晩餐」とか結構大迫力ですよ。
リュベンスの絵でネロとパトラッシュに思いをはせるも良し。
これだけ奥まった薄暗いところにあったりして、雰囲気が出ている。(?)

個人的は古代と中世の絵にはあまり興味が無く、注視していたのは近世以降でした。
クラシックな絵でも、構図や配色的に「これはいいな」というのがたまにあるのが、
美術鑑賞の楽しみではあります。
後から撮った写真を見たら若い女性の絵が妙に多かったりしましたが。

行く場合の注意点としては時間を多めにとっておくこと。
興味のあるものだけさっと見て3時間、説明を熟読すれば半日はかかるかと。
あと、絵にまったく興味がない人は止めた方がいいかも。
確かに絵は凄いのだけど、逆に言えばそれしかないので、
館内が広いのも手伝って「この入場料は・・・」とかなりかねません。
[PR]
by tokiwailm | 2008-08-17 21:47 | その他雑記・絵

Pixiv絵その④。

c0021043_19434793.jpg

Pixiv絵四枚目。ルカリオ擬人化。
直前にちょっと縁があったので、ルカリオよりキングゲイナー分が多い気がします。
後ろのパーツがなんとなく似てるな、と前から思っていたので。
前回に続いてポケモンがらみでぴっちりスーツ系です。
好きと言いつつ中々描く機会がなかったので、
この一連の絵は考えるのが面白かったですね。

この頃「武装神姫」を調べてたりもしました。
らむあ~る氏の作品で存在と概要は知っていたのですが、
各モデルを見てみると「こりゃ結構いいかも。」と。
私の好きなメカ、少女、あと物によってはぴっちりスーツとか。
でも買っても飾る場所が無いのが困ります・・・。

ところでいつも見ているある漫画家先生のブログ。
一日一枚、としている落書き絵のネタが尽きたそうでリクエスト募集、らしいのですが。
案の定その日のコメント激増で噴きました。普段は一日2つあるか無いかなのに。
ついこの前「描きたい絵とウケるための絵」について話題がありましたが、
この「リクエストと練習絵」問題も昔から根が深いですな。
単に上手ければやっていける世界ではないようで。
[PR]
by tokiwailm | 2008-07-25 20:00 | その他雑記・絵

Pixiv絵その③。

c0021043_2046381.jpg

ピカチュウのイメージでピッチリスーツ系を、と描いてみたものです。
なぜかオバサンっぽい。何故なのか分からず結構あせる。
おでこが原因?

しかし例のけもらじ周辺で話題になってますが、
「描きたい絵を描くか、ウケる絵を描くか」難しい問題ですな。

私の場合大切なのは「やる気」なんじゃないかと思ってます。
それが尽きた時が絵師(とか他のものとか)として終わり。
ウケ狙いで点数稼ごうが、ひたすらストイックに自分の道を貫こうが、
そんなことあまり関係ない。
それが自分のやる気や原動力になっていればいいんじゃないですか。

思い悩みすぎてドロップアウトしちゃった惜しい方も周囲にちらほらいて。
創作ぐらいもっとやりたいようにやろうぜ、と。
まぁ、人に迷惑をかける手段をとると流石に問題ですが。

余談ですが個人的には、ゆきまん氏の絵柄と東方は結構相性がいいと言うか、
「似合ってる」と思います。
癖の強めの絵柄なのに何故か違和感が無いのですよね。
[PR]
by tokiwailm | 2008-07-17 21:22 | その他雑記・絵

Pixiv絵その②。

c0021043_19285340.jpg

Pixiv二枚目です。
同じく「鋼鉄の咆哮」ネタですが原型は以下略。潜水系。

しかし「鋼鉄の咆哮」は久々のはまりゲームです。
自機をカスタマイズできる点も面白いですが、
単なる歴史系ミリタリーものかと思いきや、
登場兵器が時代考証を超えてどんどんエスカレートしていく点がよいです。
中盤以降はツッコミの入れっぱなし、最終的にはもう完全にSF・・・。
ラスボスの最終兵器はその名も有名な?
やる人は是非予備知識なしでプレイすることを薦めます。
[PR]
by tokiwailm | 2008-07-11 19:37 | その他雑記・絵
久しぶりです。
更新滞りの理由ですが、今月ずっとPixivに行ってました。
当初はこことPixivと両方に絵を上げようと思っていたのですが、
ついつい更新しそびれて6月全部連休してしまいました。
あちらに上げた絵はこちらにも上げていきます。

というわけでまず一枚。
c0021043_20451291.jpg

メカ系の少女ですね。最近やっていた「鋼鉄の咆哮」というゲームのボスの擬人化、
という説明をつけてますが、実際問題原型ほとんど留めてないです。
どちらかというとぴっちりコスチューム系を重視しているわけで。

というわけで、Pixivの方には現在ケモノ以外の絵のみ展示してます。
いい機会なのでそちらの方が面白かろうと思ったので。
HNも違いますが、よかったら探してやってください。
[PR]
by tokiwailm | 2008-07-01 20:47 | その他雑記・絵

うちの姉はババコンガ。

最近思ったことなのですが、他人から聞く「自分の姉」についての話って、
「ズボラ」だとか「下品」だとか、「下着姿で家の中を(以下略)」のようなパターンが
多いような気がします。
世間一般でいうと「オネエ系」の示す所だとか、「上品で清楚」というイメージがあるのに?
二次元なんかだと特にそう。「お姉さん」が下品とかズボラとかほぼありえません。

考えてみるとやはりこれは「ウチ」と「ソト」の違いなんでしょうな。
「自分の姉」も外ではそれなりに世間のイメージ通りに振舞っていても、
家の中では油断した姿を見せてしまうのだ、という。

多分「世間や二次元でいう妹」と「リアルでの自分の妹」の違いについても、
こういうことが言えるのでしょうね。
人からは「うらやましい」といわれても本人は「そうでもない」というパターン。

上沼恵美子も言ってましたが、こういった裏表は気に留めておいた方がいい?
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-28 20:27 | その他雑記・絵

Paintchat動作テスト中

しいPaintchat(V2)を動作テスト中です。
本日~報告が十分に得られるまで19:00~22:30程度予定。
本当はシンドール氏同様HPからリンクを張りたいのですがCGIがどうにも動かず、
暫定的に下記するロビールームを使いますです。

PaintChatのロビールーム
タイトルは「JettyPaintChat」、管理人「Tokiwa」です

不具合・要望等はコメント・Web拍手などでどうぞ。
[PR]
by tokiwailm | 2007-04-26 21:38 | その他雑記・絵

バカの壁。

先週とあるベストセラー作家(タイトルで自明と思われます)の講演を聴きました。
なぜ当日書かない?というツッコミは置いておき。
社会人向けの展示会中だけに、結構難解なものでポイントがよく理解できませんでしたが、
その中の項目の一つ、「人はそれぞれが現実を決めている」という話で、
興味深い話題がありました。

その作家先生は以前、ある数学者に次の質問をしたそうです。
「数学は現実ですか?」
素人目にみれば日常からかけ離れた数字のみからなる世界。
学問だからといってもとうてい現実とは思えない、というわけです。
ところがその数学者はあっさりこう答えたそうです。
「はい、現実です。」
作家先生は『だから数学という世界でやっていけるのだな』と感じたとか。

私はここから更に何を感じたかというと、数学以外の分野でも、
例えば芸術の世界でもこういう事はあるのでは、ということです。
素晴らしい作品を生み出す人はその脳味噌の中に、何か確固とした第二の「現実」
みたいなものが出来上がっているのではと。

先日獣同人誌、「DoggyBag」などを購入してみました。
理由はイラスト・漫画としての魅力はもちろんですが、先ほど述べたもの、
執筆されている獣描きの方々がケモノにどういう「世界」を見ているのか
が気になったためでもあります。
読んだ結果、やはりネットのイラストだけでは分からない個々の「世界」
を感じることができ、大変楽しめました。
中にはまさに「個人個人の見る世界」を取り扱った話があり少々驚きましたが。

空想と現実を混同している、というと聞こえは悪いですが、
私は創作作品の一つの魅力は個々の世界を感じる、という点にあるのではと思います。
[PR]
by tokiwailm | 2007-02-26 20:48 | その他雑記・絵
ボーナスで大人買い、ワコムのintuos3です。
c0021043_20175221.jpg

以前まで使っていたFABOの二倍ぐらいのスペックがあるそうです。
まだ試し描きもしていないので細かい使い心地は不明ですが。
ですが実際に必要だからランクアップしたと言うより、
「大枚はたいて買ったのだから描く」
というプレッシャーをかける意味があるかもです。
こうすればタダだったり、安いよりは気合が入りますからね。

というわけで今後徐々に描いていきます。

だったらもっと高価いサイズの大きなものを買え、という話ですが、
それは机に置くところが無かったので。本当ですってば。
[PR]
by tokiwailm | 2006-12-17 20:19 | その他雑記・絵
どうも今年は日本人受賞は無かったようであまり報道されませんでしたが、
今年も強烈な面々が揃っているようです。

Wikipedia内記事
Wikipediaのリンクから論文(英語ですが)を読めるものもあるようで、
英語が堪能な方は挑戦を?

特に化学賞、なんでチーズの中を伝わる超音波の速度を測らなければいけないのか。
その理由とプロセスだけで論文になりそうな気がします。
文学賞もオチが付いていて傑作でした。

チーズと言えば昔読んだ本(子供向けの○○大百科みたいなもの)で、
このような台詞がありました。
概要は、
「君達は世界の不思議や仕組みはもう全て、
 偉い人が調べつくしていると思っているだろう。
 しかし違う。
 ちょうど穴の開いたチーズのように、
 まだ調べられていない所は山ほど残っているんだ。」

というもの。
そちらの道を志望した私としては未だ、座右の銘でもあります。

イグ・ノーベル賞に輝いた研究の数々も形はお笑いとはいえ、
そういった一見「調べつくされた」感のある研究関係の世界における、
一種の希望ともいえるのではないか。
そう考えてみる今日この頃。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-23 20:26 | その他雑記・絵