日記メイン。雑感や管理人tokiwailm(常盤いるむ)の落書きや【ぴく悪】など。サイコ○トラー某は関係ありません。


by tokiwailm

<   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

トロ再び。

たまに迷言をかましてくれる「トロと旅する」のキャラクターですが今日は終わり際の一言。

「赤点って胸キュン?」

しばいてよろしいか?
本人に悪気はないんでしょうが…確かにある意味胸キュンかも。

これは伝聞ですが初代「どこでもいっしょ」に言葉を教えていたとき、

「恋愛ってだましあいのことなのにゃ?」

と聞かれた人もいるとか。
無邪気さゆえの残酷さというべきか。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-24 08:10 | TV・映画関連

ティッシュ箱薄型化。

数年前から登場した薄型のティッシュ箱は、高さが従来の約6.5cmから5cmにサイズダウンしたにもかかわらず枚数そのまま、という特長からいまや主流になりつつあります。
しかしこの事により困る事がいくつかあります。

・従来のティッシュ箱ケースが使いにくくなる。
特に箱型のもの。最近は対応商品も多いのでそれほど困らないかもしれませんが。

・未開封のものを折れたテーブルの足代わりに使っていたが高さが合わなくなった。
一般的な事例ではありませんが、かなり困ってます。

あと個人的ですが一つ。
私は文庫本をかなり持っているのでその収納が結構面倒です。
本棚に一列だと入りきらず、かといって二列に並べると奥側の本が取り出しづらくなります。
こういう時に使えるのがティッシュの空き箱。
横幅が文庫本と同じなので上を切り取って収納ケース代わりに出来ます。
周りに紙や布を貼るとなおよし。
これを本棚にいれて置けば手前側のスペースを有効利用しつつ、
本を取り出しやすいという一石二鳥のリサイクル技です。
(ちなみに元ネタは「伊藤家の食卓」)

しかし何せ紙なので耐久力がなく、定期的に換えることになります。
ここで薄型ティッシュが出てくるわけですが、この用途に使うと、
箱が浅すぎて本がすぐ倒れたりひっくり返ってしまったりするのです。
これも困ります。何事も小さければいいというものではないですね。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-16 22:50 | その他雑記・絵
今日朝の「めざまし土曜日」を見ていたところ面白い光景が目に入りました。
毎週恒例の各地の絶景を紹介するコーナー。
今回は富山の立山連峰を能登半島側から見た景色。
対岸に見える雪化粧をした雄大な山々はまさに絶景。
そしてその山々からの日の出のシーンに移ると事件は起こりました。
山の端から輝く太陽が昇ってくるのもまさに絶景。
しかし
画面の下の端にずら~っと並ぶ写真家の方々と思われるシルエット。
その数(見えているだけで)10人以上。
人気スポットはわかりますが異様な光景でした。
TVカメラマンも分かっているなら外して写せばいいでしょうに。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-15 14:46 | その他雑記・絵
平凡社から出ている東洋文庫というシリーズ(?)があります。
古今東西のアジアの文学、民俗系の文章を完訳、現代語訳したシリーズで、
今回紹介する「和漢三才図会」の他「千夜一夜物語」、「マハーバーラタ」など
他では中々完訳版にお目にかかれない作品もあります。

大部分はお堅い内容ばかりで決して面白いものではないのですが、
中には興味深いものもあり、今回紹介する「和漢三才図会」もその一つ。
これは江戸時代、寺島良庵によってまとめられた一種の百科事典のようなもので、
当時知られていた動物、植物、民俗や地誌、医学などあらゆる事が記されています。
江戸時代のことなので当然怪しい情報もありますが、
(動物の項に麒麟や川太郎(河童)が当然のように載っているなど)
その時代と現代の視点の違いを比べるのがけっこう面白いです。
また現代ではあまり知られていない意外な「トリビア」もあったりします。
今回その一つを紹介してみたいと思います。

「狐」の項ですが、形や行動の他に当然化ける事に関する話題もあります。
ここで「狐はなぜ美女に化けて男を惑わすのか」という話題があるのですが、これに対し
「狐は本来『陰』に属するものであるから、『陽』を得て初めて成るものであるからである。だから牡狐であっても必ず女の姿になって男を惑わす。」
との考えが述べられています。

つまりこの考えでいくと「狐娘萌え~。」とか言っていてもあんたその娘、本来は牡かもよ、と。気味の悪い話ですね。まあ伝承では男に化ける狐も決して少なくないので全てがそうではないんでしょうが…。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-09 20:57 | ケモノ雑記・絵

ケモノさんの尻尾

私が見たり描いたりしているケモノは主に人間と似た体型で、同じような生活をしています。従って服も着たりするわけですが、ここで考えた事が一つ。ケモノにはたいてい尻尾がありますが、イラストなどでは必ずといっていいほど外に出ています。
どうなっているんでしょうね。パンツの部分。(下ネタ気味ですいません)
まず挙げられるのが

1)尻尾の部分に穴があいている。
ですね。服のデザインにあまり制約を与えないので応用範囲が広いです。イラストなどでもよく見られる他、実際のペット用オムツもこのタイプが多いようです。でも狐やスカンクみたいに尻尾が大きいケモノだと通すのが難しいかもしれません(要らない心配ですが)。

他を挙げると

2)尻尾の部分に切れ込みが入っていて、尻尾の上をボタン等で留める。
これは少数派ですが着脱は楽ですね。後ろにワンポイントできるので可愛らしい感じも出ます。

3)パンツははかない。
ディフォルメ度が高いか、ワイルドなケモノさんだとこんな感じでしょうか。本当に何もはかないのと、パンツ無しでスカートや腰ミノをつけるタイプがあります。
尻尾をどこから出すか悩まずに済みますが他のところも出てしまう可能性が…。

4)ふんどし。
巻き方を工夫すれば尻尾があってもOKなわけです。男性ケモノに愛用者が多いですね。でも性質上シンプルなデザインにしかできない難点があります。

5)前張り。
尻尾まで覆わず前だけ張って隠すというわけです。これだと尻尾がフリーになりますが際ど過ぎる上にはがすとき相当痛そうです。

6)深く考えない。
とにかく尻尾が出た方がらしいんだからそれで十分、というわけです。元から空想なんだから真面目に考えるなよ、と。

という感じでしょうか。(他にもあるかも)
どれも一長一短なのでどれがいいという訳ではないでしょうが、私は1)か2)派ですね。
他の皆さんはどうでしょうか。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-06 22:53 | ケモノ雑記・絵
引き続き干支キャラクター(女の子)の話。

次に少々考えなければならないもの。
・「辰」:尻尾と羽が特徴的だがデザインがカクカクしがち。
     だからといって変に丸っこくするといまいち決まらなかったり。
・「酉」:特徴といえる鶏冠があまり女の子向けでない。
     だからといって羽だけだと天使かハーピーに見えてしまう。
・「亥」:特徴的に女の子向けでない。「豚」と読み替えればやりやすいが
     太目の体型が描けないといまいち格好がつかない。
・「申」:取り入れられる特徴はほとんど無いが、「孫悟空」という超有名素材が
     あるので描きやすい(ベタではあるが…)。

そのまま描こうとすると無理がある類ですね。
場合によってはそれに近い別の物に置き換える必要があります。

最後にかなり難しいと思われる干支。
・「午」:取り入れられる特徴があまり無い。変にコスプレをしてもSMみたいになってしまう。
    (もともとそういうジャンルなら問題は無いですが)
・「巳」:取り入れられる特徴が全く無い上、体型が全く違う。
     装飾品として使うか体に巻くぐらいしか対処法がない。

これについては男女関係無しに難しかったりします。
特に午は馬自体慣れないと描くのが難しい面があります。

しかし難易度、ジャンルにに関係なく通用する対処法があります。
「キャラクターに干支の動物を模した帽子をかぶらせる」です。
もしくは顔出しの着ぐるみ。
でもここでは反則という事で…。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-03 22:53 | ケモノ雑記・絵
毎年正月になるとイラスト系サイトでは正月絵、年賀絵が見られますが、
そういった中でよく使われるモチーフの一つが干支の動物を使ったものですね。
これは単にリアル系に動物を描いたり、その動物と持ちキャラを描いたりする訳ですが、
ここで注目したいのは「その動物の特徴を取り入れた女の子キャラクターを描く」事。
何かというとこれ、干支の動物によって作りやすさがかなり違いませんかね?

まず比較的簡単だと思われるものを順不同で挙げると
・「子」:耳と尻尾が特徴的なので表現しやすい。
・「丑」:耳系ではないが「巨乳」という女性的な特徴がある。
・「寅」:これは猫耳と近縁なのでちょっとしたアレンジでよい。
・「卯」:これも耳系。バニーガールというメジャーな素材がある。
・「未」:角が特徴的なので耳代わりにできる。
・「犬」:これも耳系。猫耳と区別が付けば問題ない。

ですね。耳系が強いです。
しかしキャラクターとしては作りやすくても、モチーフとして一般的なので
個人の工夫が試される、という面はあるかもしれません。

(続く)
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-02 20:39 | ケモノ雑記・絵
2005年も宜しくお願いします。
と、いきなり去年の話で恐縮ですが、昨日は地元岡山にしては珍しく雪が降りました。降っていたのは2,3時間でしたが3センチ程。一面の白景色は何年ぶりですかね。もうほとんど融けてしまいましたが。

雪はほとんど降らない土地柄、小学生の頃は雪兎を作って冷凍庫にしまってたりしたものです。今降ると原付or自転車乗りなので通学時などに怖い&寒いで嫌な事も多いですが、未だになんとなく嬉しい気分になります。
[PR]
by tokiwailm | 2005-01-01 16:39 | 日記