日記メイン。雑感や管理人tokiwailm(常盤いるむ)の落書きや【ぴく悪】など。サイコ○トラー某は関係ありません。


by tokiwailm

<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

巨大少女。

最近やたら動画の紹介が多いわけですが、通っているサイトでたまたま、
という偶然とも言い切れないものがあります。
数分の作品で感想を書いてネタに出来るのですから、結構楽なのですよねコレ。
まあともかく、今回はこれです。

「The Little Girl Giant」
ロンドンで開かれた「スルタンの象」というイベントに登場したものらしいです。
女の子の超巨大操り人形、といえばそれだけですが、造形がやたらリアル。
さらにただ歩くのみでなく、瞬き、周りを見回すと表情が豊かで、
その大きさもあいまってえも言われぬ迫力があります。
普通サイズの女の子を腕にのせて揺らすシーンは神秘的ですらあるかもです。

片付ける時まで演技(?)を続けるのも流石。
その人形自体の迫力だけでなく、操作するスタッフの仕事にも驚きです。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-30 19:26 | ネット関連

ピザの耳。

去年まで暮らしていた実家があまり出前とか頼まない家だったので、
最近10年ぶりぐらいにピザの出前を頼んだわけですが。

ポストに投函された各チェーン店のチラシを見ると、
どこのピザの生地にも、チーズと重ねて三層だとか、
耳の部分にチーズやソーセージが入っている、
といった物があるのですよね。
中にはそういう生地しか用意されていない店まである程。
理由はおそらく、そうでもしないと耳を残す人が多いから。

調べてみると、また周りの人にも耳を残す人が多いようです。
最も、私も子供の頃は残すことが有りましたけどね。
味が付いていない部分は食べる気がしないからでした。
カロリーを控えめにしたいから、との説もあるようです。
(そもそもピザを食っている時点で以下略。)

私の場合は普通に美味しいと思うのと、もったいないので食べてますね。
またピザ屋が生地に仕掛けをするのは、やっぱり食べて欲しいからではと。
自分の目に見えないとはいえ、作ったものを残されるのは忸怩たる思いが?
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-29 20:25 | 日記
私も以前、「ソウルキャリバーⅢ」などで特定のキャラに似た
キャラクターを作ったりして楽しんでいましたが、
YouTubeの動画で凄腕のそれがアップされてしました。
DRAGON BALL Z ?」(音声注意。あと終盤流血試合。)

詳細は知りませんが「エキサイティングプロレス」シリーズのエディットで、
「ドラゴンボールZ」のキャラクター、ナッパとチャオズ、天津飯を作成したもの。
原作でも戦っていた組み合わせで、因縁の対決とも言えるでしょう。
しかしあまりにもそっくり。
ナッパのスカウターや、チャオズの漫画的な大きい目まで再現するとは。
関連動画も同様の作品が多くあるようで、中々面白いです。
プロレス物には興味のない私ですがこういうネタは好きかもです。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-28 20:13 | ネット関連

時天空について。

相撲九州場所が昨日終わりました。
普段見ていないので最近知ったのですが、「時天空」という四股名の力士がいるそうです。
部屋の親方が「時津風」という四股名だったらしいので一文字もらったのでしょうが、
「時」+「天空」って。
凄く偉そうというか、ファンタジー的というか。
「時よ止まれ!ザ・ワールド!」とかやりそうというか。
名前だけで気になる存在ですね。

調べてみると江戸・昭和時代には変な四股名の力士もいたようで。
ここの第21~23回に記述が有ります。
相撲よもやま話(旭堂南鱗ホームページ・「うろこ部屋」内記事)」
膃肭臍(おっとせい)市作」、「浦島亀之助」って。
もっとも最近では少ないようですが。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-27 22:15 | 日記
敵味方キャラ、世界観、ストーリー共にシリアス・真面目な印象があった番組でした。
今回も時間を止める敵、人質と新兵器の交換、
副主人公がラストで父親とキャッチボールをしたりと、
バックストーリーは真面目にやっているのですが。

その一方で主人公とライバルは豆腐対決だとか、
「今の俺には豆腐(の白)はまぶしすぎる。」
「一度(料理勝負で)負けた借りは返す。」
「お前に豆腐の真の闇を見せてやる。」


それをストーリーにからめるとか、
「この先(註:敵方の縄張り内)に兄貴の使っていた豆腐屋が…。」
「豆腐は豆腐だ。お前もそのように、岬を岬として見てやらないと。」
「お前も来てくれたのか?」「俺は豆腐を買いに来ただけだ。」

(台詞は一部うろ覚え)
しかもこれらを全て真面目・クールな演技でやり通すのですから、
おかしくて仕方がありません。

各話のタイトルも調べてみたら変なのが結構…
「怒れる豆腐」は前回の勝負でしょうが、
「味噌汁昇天」、「合コン燃ゆ」、「萌える副官」って一体・・・。

しかもおかしい話でおかしいタイトルなだけではないようで、
ライダー(ハチ型)が暴走する話で「蜂の乱心!!」とか、
主人公(カブトムシ型ライダー)のダークバージョンが出る話で「強敵黒カブ」とか、
わざとやっているっぽいような。

単に子供からみて普通な点を大人の目で見るとおかしいと感じるのか、
それとも本当におかしくなっているのか。
ここで何回か紹介しているマイメロディをはじめとして、
最近皆ノリがおかしいです。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-26 10:42 | TV・映画関連
ある大学の先生が言っていたことですが、
会社で出世するためには四つのスキルがあるそうです。
①英会話。
その先生は英語を担当していたゆえ、これは必然的な事だろうと思いました。
しかし残りの三つは、
②マージャン。
③カラオケ。
④ゴルフ。

であるという。
普段からこういう事ばかり言っている人だったので冗談半分でしょうが、
日本の会社において重要な位置を占めていることに異論はないでしょう。

そのゴルフでも、スケールの大きい話が一つ。
「国際宇宙基地でゴルフ挑戦 飛距離100万キロ」
CM依頼だからといってここまでやってくれるとは。
日本でも以前カップヌードル宇宙用がCMに出ていましたが、
巨額の予算を使う、国家的に進められる、という堅いイメージからすると驚きです。
頼んだらもっと派手なこともやってくれるかもしれません。

リポビタンDのCMとか。事故が起きたという設定で、
字幕で「ファイトォォォ!!!」「いっぱァァァツ!!!」と危機回避。
最後は青い地球を背にリポビタンDを一本。

その一方で月でも既にゴルフをやっているのですね。こちらも驚きです。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-25 20:33 | ネット関連
「医学都市伝説」さんからのネタ。
「Mad Scientist Competition in Helsinki」(YouTube内動画。音声注意
アメリカのコミケ(のようなイベント)で開催されたという、
いかに「マッドサイエンティスト」的な笑いを披露できるかを競うコンテストだそうです。

この辺りの感覚は日米で変わらないのか、
どれも個性的ながら「ああ、なるほど。」と思わせるものですね。
マッドサイエンティスト「風」と言いつつ貴方自体がマッドじゃないのか
というような出場者がいるのにもウケました。

笑いといえばこちらの動画もお気に入りです。
「Elmo TMX Elmo 」(Googlevideo内動画。音声注意
「セサミストリート」のキャラクター、エルモの人形がひたすら笑う、というものですが、
おそらくおもちゃでしょうが動きにバリエーションがあって芸が細かい
笑っているのを見るとこちらも何となく楽しくなるといいますが、まさにそれでした。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-24 23:59 | ネット関連
どうも今年は日本人受賞は無かったようであまり報道されませんでしたが、
今年も強烈な面々が揃っているようです。

Wikipedia内記事
Wikipediaのリンクから論文(英語ですが)を読めるものもあるようで、
英語が堪能な方は挑戦を?

特に化学賞、なんでチーズの中を伝わる超音波の速度を測らなければいけないのか。
その理由とプロセスだけで論文になりそうな気がします。
文学賞もオチが付いていて傑作でした。

チーズと言えば昔読んだ本(子供向けの○○大百科みたいなもの)で、
このような台詞がありました。
概要は、
「君達は世界の不思議や仕組みはもう全て、
 偉い人が調べつくしていると思っているだろう。
 しかし違う。
 ちょうど穴の開いたチーズのように、
 まだ調べられていない所は山ほど残っているんだ。」

というもの。
そちらの道を志望した私としては未だ、座右の銘でもあります。

イグ・ノーベル賞に輝いた研究の数々も形はお笑いとはいえ、
そういった一見「調べつくされた」感のある研究関係の世界における、
一種の希望ともいえるのではないか。
そう考えてみる今日この頃。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-23 20:26 | その他雑記・絵
「僕が見た秩序」さんのネタ。
毒物摂取の危険な罠」(11/21記事)
発砲入浴剤のブランド、花王の「バブ」から「フルーツケーキ味の香り」が出たそうです。
パッケージもイラストお菓子系と、いかにも美味しそう、には同意。
というかダイエットをしているとこんな物まで本気でそう見えてきたりして困ります。

なんと公式ページ
を見ると他にも「バブ ミルキーカフェ味の香り」や、
液体入浴剤「エモリカ」にも「フルーツミルク味の香り」が
出たそうです。
ダイエット中はお菓子コーナーだけでなく入浴剤コーナーにも近づけませんね。
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-22 20:43 | 日記
並びにHPはとっくに2周年突破。
うーむ、いつの間に。
最初は不安でしたが適当にやっていても案外続くものです。
と言っても開店休業状態が多いですが。

いわゆる「去年の今頃は何をかいていたか」ネタ。
2006/11/21はすっぽかしていたようですが11/20の記事はありました。
「馬鹿の定型句」

自分で書いておきながら小難しい記事だなぁ、と。最近はこういうのは皆無、
軽いネタばかり書いているような気がします。
某氏が「○○さんは就職してから変わってしまった」ような事を言ってましたが、
私も知らず知らずのうちに変わっていっているのかもです。
こういうのはやはり自分ではよく分からないことで、
昔の日記を読み直してみるのはそれを認識する一つの方法でしょう。
人によってはあまりの痛さに精神ダメージを受けるかもしれませんが・・・
[PR]
by tokiwailm | 2006-11-21 22:00 | 日記