日記メイン。雑感や管理人tokiwailm(常盤いるむ)の落書きや【ぴく悪】など。サイコ○トラー某は関係ありません。


by tokiwailm

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

六刀流vs二丁拳銃。

蜀シナリオ出現武将続報②。

○宮本武蔵
チャージ攻撃の性能が今一つで、集団戦に向かないという欠点はあるが、
もともと攻撃力が高い上、R1でさらに大幅強化。かつ振りも早め。
通常技のみでも武将クラスと渡り合える圧倒的な火力を誇る。

○伊達政宗
時代考証抜きに連発しまくる拳銃技は単体・範囲共に揃っており、
少数戦・集団戦双方ともそつなくこなせる。熟練度が上がってからが勝負。
ただ飛びぬけて破壊力のある技は無いので対武将戦は工夫がいるかも。

このあたりでようやく全武将の半数出現。まだ先は長い・・・。
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-29 23:02 | ゲーム関連

うちの姉はババコンガ。

最近思ったことなのですが、他人から聞く「自分の姉」についての話って、
「ズボラ」だとか「下品」だとか、「下着姿で家の中を(以下略)」のようなパターンが
多いような気がします。
世間一般でいうと「オネエ系」の示す所だとか、「上品で清楚」というイメージがあるのに?
二次元なんかだと特にそう。「お姉さん」が下品とかズボラとかほぼありえません。

考えてみるとやはりこれは「ウチ」と「ソト」の違いなんでしょうな。
「自分の姉」も外ではそれなりに世間のイメージ通りに振舞っていても、
家の中では油断した姿を見せてしまうのだ、という。

多分「世間や二次元でいう妹」と「リアルでの自分の妹」の違いについても、
こういうことが言えるのでしょうね。
人からは「うらやましい」といわれても本人は「そうでもない」というパターン。

上沼恵美子も言ってましたが、こういった裏表は気に留めておいた方がいい?
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-28 20:27 | その他雑記・絵

「ミヨリの森」

ビデオ録画して今日見ました。

予算2億円、製作3年」、「○○のメインスタッフ参加」といううたい文句、
特別出演、テレビ番組での番組宣伝、と何やら胡散臭い印象があり、
事実序盤はどうにもパッとしなかったのですが、
通してみるとやはりそれなりのものではありました。

主人公周辺ちょっと夢見すぎ(あんな田舎未だにあるのか?)だし、
いかにもありがちな展開ではあるものの、
この手のアニメはやはりこうでなくては、と時代劇的安定感ですね。
最近ので例えて言うなら「グレンラガン」みたいな。
見てませんが。(ぉぃ

ただ主人公の顔(特に目)の造形の周囲からの浮き具合
些細なことのようですがなんだか最後まで気になった。
どこか人間離れした存在、という雰囲気を表現したものなのかも。
都会育ちに見合わぬあの運動神経とか一切説明(体操やってたとか)ないですし。

総合的には「まぁ十分かな」ぐらいですかね。
わざわざ映画館に見に行くってほどではないです。
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-27 21:25 | TV・映画関連

脳内シリーズ余り。

回線が繋がったのでバリエーション他、同ページの他のもいくつか。

○(本名)の脳内
:中心に一つ「金」、残りが全て「H」。再び分かりやすいネタ結果かもです。

○HP名(KEMONOJetty)
:前半分が「愛」後ろ半分が「友」。
 いいですね
 いかにも裏表ありって感じがします。

○常盤いるむの前世の脳内
c0021043_19542836.gif

:「忍たま乱太郎」のキリマルとシンベエを思い出した。
 二つの特徴を併せ持つ究極ダメ忍者?

○常盤いるむの脳内フェチ地図
c0021043_19594497.gif

:服と脚は当たってる。
 髭は、まぁ、ケモノはみな髭があるといえるのでそのせいかもです。
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-26 20:00 | ネット関連

名族である。

無双OROCHI武将使用感想・続報。

○ホウ徳
二刀流キャラは早いor手数多いというお約束に反したバリバリのパワータイプ。
各技はオーソドックスで使いやすいながら、それだけに遅さが目立つ印象。
C1の体内発電(?)で集団に突っ込むと面白い。

○孟獲
広範囲に攻撃できる技が少ないので集団戦がいまいち。
だからといって一対一で極端に強いわけでもなく、中途半端な印象。
今回は祝融の尻に敷かれ気味?

○祝融
必殺技の範囲・威力ともに中々使え、C4も性能良。
しかしこちらも目立つ技は少なく、キャラはともかくゲーム的な印象は薄い。

○石川五右衛門
C4は最後によろけるが、大抵相手が吹き飛ぶので雑魚相手は無問題。
他も破壊力のある技が多く雑魚戦には強いが、必殺技はリーチが短く、
乱舞は発射が遅くヒット数が少ないのが難。

○袁紹
登場からして濃ゆい台詞でネタキャラっぽかったのに、R1特技の攻撃力上昇技が強力。
さらに戦神の斧と組み合わせれば、真田幸村のR1がまさに即死級の威力に。
また本人の戦闘力も中々高く、固定メンバー入り内定。
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-22 20:37 | ゲーム関連

第十四回“けもらじ”。

一時HP閉鎖で打ち切りと言う話はあったものの、まだまだやる気らしいですな。
しかし本人は「たまたま」、「(今夜聞きとおして体調崩しても)責任とらない
と言いつつもコミケ前日の放送とは驚き。
しかしそこが“けもらじ”らしさかと私は思います。

「腐女子」。
私はそれらしき人はよく見かけるものの、会話は聞いたことないので今一実感は無し。
ただ自分が女に生まれたら多分今はそれだろう、とは考えたことはあります。
話だけ聞いていると本人達は随分楽しそうですし。

「コミケ」。
うちの上司がそれ系のイベントに出くわし、コスプレ女にドン引き、という話があったり。
存在は知られていても一般人にはまだまだ異世界。
私も一度は行ってみたい、と言いつつ数年が過ぎてます。

「獣姦」。
いつかは、という野望を抱くケモナーは多い、はず?
人間より獣としたいのか、人間もいいけど単に興味深いだけなのか。
私はどちらかというと後者です。
さらにいうとどちらでもなく獣人とが理想

「子供の頃の特撮・アニメ」。
視聴者の年齢層結構広いかも。

「大二病を超えた中二病」。
いたちごっこになりすぎて概念が良く分からないですが。何となくは。
確かに視聴者全般、冷めた印象はありますね。
ネタに乗るとしてもいかにもわざと乗ってやってる、みたいな。

「オフ会」。
興味はありますし近郊なら是非。
ただ一連の放送内容からすると色々な意味で危なそうなのは確か。

「1000超え」。
終了午前4時半過ぎとはいえ、驚き。一分間に2回以上はレスが?

次回以降も期待で。
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-20 20:17 | ネット関連
・スプリガンルナヴァース:(1999)フロム・ソフトウェア。
              プレイステーション用3Dアクションゲーム。


たかしげ宙・皆川亮二の人気漫画、「スプリガン」のゲーム版で、
銃器・ナイフ・AMスーツを駆使してミッションを攻略するゲームです。
前から雑誌で情報を知り攻略本だけは持っていたのですが、
安売りしていたので今回購入を。

結論から言うと、個人的には結構はまりました。
「始めました」とレポートの前に二周目特典まで一通りやりきってしまったのも私です。

○良い点
・原作物ながら原作に頼りすぎず、しかも独自の世界観を表現していること。
 原作からは設定、アイテム等のみを流用し、主人公もシナリオもゲームオリジナルです。
 そのことにより「話をはしょってる」感や「主人公原作より弱ぇ」感がなく、
 また原作をあまり読んでない人でも楽しめるのがポイント。
・主人公や敵の動きがいい。 
 流石にハードなりの限界はありますが、きりきりと格好いい動きをしてくれます。
 原作が格闘漫画だけにその点は気を使ってる感じですね。
 ボス全般、特にラスボスや隠しボスの動きは圧巻でした。
 反面、敵の反応が的確で早め。ザコでもかなり当ててきます。
・攻略に幅が持たされており難易度のバランスもいいこと。 
 武器やAMスーツは複数のタイプがあり、「これが適している」はあるものの正解
 は一つではなく、違った組み合わせでもクリアが不可能にならないような配慮が
 ちゃんとなされています。
 初心者救済措置もあり、地道に稼げば相当下手でもクリア可能です。
・隠し要素の作りこみが細かい。
 隠しキャラの一人、原作の主人公でプレイすると愛用の武器が追加他、
 各所でシナリオが変更、エンディングも専用のものとなります。
 同社人気シリーズ「キングズフィールド」からスケルトン、ムーンライトソードが登場する、
 というのも面白い。

○悪い点
・攻撃が当たりにくい。
 ロックオン機能がなく、主観視点もないのです。銃を使うゲームとしては結構致命的。
 当たり判定は広めながら、いちいちマニュアルで狙わねばならず、その間に攻撃が。
 また格闘攻撃はほとんど見かけ通りのリーチ&範囲しかなく、慣れないと届かない、
 別の方向を攻撃してる、ということになりがち。
・壁に接触するとダッシュしていても強制的に歩きになる。
 攻撃は慣れれば何とかなりますが、こちらは…。しかもゲームの仕様上全く意味不明。
 強敵と戦っている時&急ぐ時にこれになるとムッと来る。
・攻略情報がないと迷いやすい、クリア後もシナリオ上良く分からない点がある。
 最近のゲームにはよくあることですが。
 このゲームに関しては事前に情報を仕入れないと相当苦労することになりそうです。
 シナリオについては想像の余地を残した、と考えれば気にならないかも。

原作ものとしてはかなり良い出来ですが、やはり「惜しいなぁ」はあります。
「2」が欲しいゲームの一つですね。
[PR]
by tokiwailm | 2007-08-05 21:51 | ゲーム関連