日記メイン。雑感や管理人tokiwailm(常盤いるむ)の落書きや【ぴく悪】など。サイコ○トラー某は関係ありません。


by tokiwailm

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前回に引き続き。
当初チャプター3の絵と一緒に、と思っていたのですが案外手間取っているので先に。
山高帽子さんやゆだいらさんの絵と微妙に設定が矛盾してしまいました(汗

チャプター2.5―ヴァルター姉妹の場合(後編)―

廃工場に隠されたPurpurrotのアジトに一行がたどり着いたのは、日の傾きかけた夕方だった。スカーレットの遺体を運び込んで、阿黒が連絡に出ようとしたところ、もう一団の仲間が沈痛な面持ちでアジトに帰ってきた。
彼らもまた、仲間の遺体を持ち帰っていた。ぶっきらぼうで金に汚いが、スカーレットを何かと気遣っていた青年、マサムネの遺体、らしい。布のかけられたそれはスカーレットの横に置かれた。無言のままの仲間を見かね、阿黒が布をめくり、そして顔をしかめた。
首と胴が、切り離されている。

やがて報告を受けて戻ってきたPurpurrotのボス、灯丈乙姫はしばしの沈黙の後、外勤組である「別働隊」に冷静かつ簡潔に指示を出し、仲間を連れ自らも外に出て行った。その場には数人の内勤組、スクエア、アプリコットの姉妹、そして二つの遺体のみが残された。

沈黙。ただ今はそれが続いている。

この暗黒街では、人が殺されるのは決して珍しいことではない。正確に把握している者などいないだろうが、犠牲者が一日三桁を数える日もあるだろう。それでもやはり苦楽を共にしてきた仲間の死は、この街の生活で心の麻痺した者にも、圧倒的な現実となって暗い影を落とす。
いっその事、狂った殺人鬼にでもなってしまえば、そんな感傷を感じることもないだろう。または先ほどの乙姫のように、そんな感情も理性で押し殺し、毅然と振舞うか…だが万人がそうできるはずもない。
今スカーレットのまわりを囲んでいる仲間たち、そしてアプリコットの姉妹もそうであった。

どれほどの沈黙が続いただろう?やがてミモザが口を開いた。
「・・・だから・・・」
自然と何人かの視線が彼女を向く。彼女は一同に背を向け、部屋の隅でひざを抱えて座り込んでいる。
「だから・・・こんな街、とっとと出て行けって言うのよ。」
そんな彼女を壁に身をもたげていた長身の女性が答えた。
「・・・こんな時にまで寝ぼけたこと言ってるんじゃないよ。」
彼女もまたアプリコットの姉妹の一人、ミカエラである。Purpurrotに「仕事」で来ていたところ、偶然この場に出くわしたらしい。どうもこの姉妹は何かと引かれ合ってしまうらしい。手にした酒瓶をせわしなく口に運ぶ彼女の傍らには、既に2,3本の酒瓶が転がっていた。
ミカエラの言葉を聞いているのかいないのか、ミモザがまたつぶやく。
「・・・棺を運ぶのにはもう飽きたわよ・・・」
先ほどまでの雰囲気はどうしたのか、非常に暗く、嘲る様な口調だ。スカーレットが死んだせいだけではない。付き合いの長い者なら知っているだろう。これが酒を飲んでいない、本来の彼女なのだ。
「アンタねぇ・・・」
不機嫌な表情でずかずかとミカエラが近寄る。ミモザはさらに続けた。
「まったく、面倒見きれないわよ。やんちゃだの、命知らずだの・・・キチガイだの・・・」
「いい加減にしときな。」
ミカエラがミモザの肩に手をかける。ミモザは首だけ振り返り、暗い目で答えた。
「・・・そうそう。騒ぎの片棒担いでる、金の亡者もいたわね。」
「黙れ。」
「・・・あ~あ。・・・うちら姉妹にまともなのはいないのかねぇ。」
「・・・黙れっつってんだろ!」
ミカエラがミモザの襟首をつかんで持ち上げる。
「外でヌクヌクと暮らしていい子ちゃんしてるアンタに何が分かるんだ!え!?」
「ガーベラ!」
たまりかねたニードレットがミカエラを制止する。ガーベラはミカエラの姉妹の間での通称だ。構わずにミカエラがまくし立てる。
「話に聞いてるだろ!前に金持ちに拾われて、外へ養子に出た妹のこと!
 姉妹揃って、花束とプレゼント持って、笑顔で送り出したさ!
 ところが一週間も経たずに、家族全員バラしてこの街に逆戻りだ!
 ・・・ここでしか生きられないんだよ!アタシ達は・・・!」
言葉の最後には怒りより口惜しさがにじんでいた。しばし大人しく聞いていたミモザだったが、やがて口元を皮肉げに歪めて答えた。
「だからぁ?お互いダメ同士仲良くやろうってワケぇ?」

「て、め、え、ぇ・・・」
いよいよ真っ赤になったミカエラがミモザを睨みつける。一方のミモザはそんなこともどこ吹く風か、ヘラヘラ笑っている。
どこからか、不気味なうなり声が聞こえてきた。・・・ミカエラの脚からだ。それが何を意味するか分かったニードレットは慌てて止めに入ろうとしたが、既にミカエラは大きく脚を振りかぶっていた。

「うるせえぞ!」
低く、ドスの利いた声に一同は思わず動きを止めた。声の主はスクエアだ。
「さっきから黙って聞いてりゃ、女が腐ったみてぇにグチャグチャと・・・」
腰を上げてミカエラとミモザに近づく。
「そりゃここで暮らしてりゃ危険なことばかりだ。最悪、死ぬかもしれねぇ。
 それに住んでる奴だって、どうしようもねぇロクデナシばかりかもしれねぇ。」
二人の近くで足を止め、見上げて語りかける。
「だがな、お前らはマーフィーホームでパパンに何を習った?
 酒飲んで愚痴ってウサ晴らしすることか?
 それとも自分に閉じこもって逃げ隠れることか?
 ・・・違うだろ!」
ミカエラは一転して、神妙な面持ちだ。ニードレットとルキアも、注目している。
「お前らは例え『娘』といっても、あの偉大なアプリコット・ヴァンドーラの教え子なんだ。
 もっと誇りをもって行動しやがれ! 考えろ! 自分が今本当にやるべき事を!」

ミカエラはミモザを放し、無言でスクエアに礼をすると、酒瓶を携え外へ出て行った。ミモザは床にへたりこみ、しばし困ったように頭をかいていたが、やがて立ち上がり、外へ向かおうとした。
「おい姉ちゃん、忘れ物だぜ・・・お、あったあった。」
スクエアが椅子によじ登って戸棚から何かを探し出し、ミモザに投げ渡した。緑色の酒瓶だ。
「ミカエラの好みの酒なんだってな。前に一緒に飲んだとき言ってたぜ。
 あんたにも飲ませてやりたいってな。何より、まず一杯やれや。
 いつまでもそんな暗いツラされちゃ、鬱陶しくて仕方ねえぜ。」
ミモザは少々照れたような表情でそれを受け取ると、これまた無言で外へ出て行った。

「何だかんだ言って、似たもの同士なんだな・・・」
スクエアはつぶやき、再び二つの遺体の元に戻った。
「おいおいオッサン、酒の代金は後できっちり払ってもらうぜ?
 ・・・というか、今出せ。」

彼、マサムネが生きていたら多分こう言っただろう。
もちろん、その言葉は無い。その口は何かを言いかけたような形で硬直している。
彼は最期に、誰に、何を言いたかったのだろう?
同じ仲間である彼女、スカーレットとはあの世で会えただろうか?
「下らねぇ。そんなこと考えたって一銭にもならねーぜ。」
だけど今は、そんな下らないことでも思いを馳せてやることが、この街でのせめてもの流儀なのかもしれない。

(BN3へ続く。)

以上、長々と失礼しました。ミカエラの言う「出戻り娘」は誰のことか?については特に考えてません。既出のキャラかもしれませんし、まだ出ていないキャラかもしれません。
というかミモザのシラフ酷いですが、姉妹共々、色々と複雑なキャラクターなのです。このあたりは今後うまく表現していきたいところ。
余談ですがミカエラのシラフはデレ、というかさみしがりの泣き虫です。
[PR]
by tokiwailm | 2008-10-28 22:59 | Pixiv・ぴく悪
「ぴく悪」内イベント、「Blood Night」に関して、チャプター2と3の中間における
うちのキャラクターの行動を、小説らしきものにしてみました。
考えてみると至極長くなってしまい、漫画ではちょっと無理っぽかったので(汗
書いてみると色々イメージが多くなり小説でも長くなってしまった罠。
前・後編ということで。
他の方のキャラクターさんも色々借りております。
ありがとうございます。m(_ _)mでは、拙作ながら。


チャプター2.5―ヴァルター姉妹の場合―

雑居ビルの立ち並ぶ裏通りを一人の男が鼻歌交じりに歩いていた。紺のスーツにネクタイというごく普通のサラリーマン然とした格好だが、整った髪形と顔立ちは清潔感を漂わせている。
視界に入ったものに、ふと彼は足を止めた。道端に大量の赤い液体がぶちまけられている。ちょっとみれば分かる。血の跡だ。まだ新しい。
しかし彼は驚く風もなく、しばらくあたりを見ただけでまた歩き出した。血と分からなかった訳ではない。「外」の街でこのようなことがあれば、即刻警察を呼ぶことになろうことも無論理解している。しかしこのようなことは日常茶飯事なのだ。この街では。
それに血の跡を見つけるのが彼の仕事ではない。彼の見つけるべきは、その血の主。死体だ。この街の住民の多くと同様、彼もまたまっとうな商売の人間でない。
穂積賢司、25歳。職業:黄泉坂CS社員(死体回収業)。

そんな彼を路地の影からうかがう二人がいた。
一人は年の頃十代半ばか、白を基調としたドレス、黄色いバラの飾りのついた白のキャプリーヌ。その顔や手も雪のように白い。両家の令嬢をほうふつとさせる可憐な少女だ。しかし豊かな長髪もまた老婆のように白く、その目は驚いたことに、白目が赤く、瞳が白い。何よりその手にした、赤黒いしみのついたバールは彼女がただの少女ではないことを物語っている。
もう一人も変わった人物だ。いや、「人物」と呼ぶべきか?黒いソフト帽に黒のサングラス、黒のスーツ、そして黒光りする拳銃。上から下まで黒尽くめの格好はアクション映画にでも出てきそうな、まさにギャングだ。しかしその身長は1メートルほどしかなく、頭から腰まで全く同じ太さである。手足も棒のように細く、まるで子供向けの漫画から飛び出してきたかのような姿だ。

「よし、ルキア。いち、に、のさんで飛び出すぞ。」
そのコミカルな外見に似合わぬ渋く、張りのある声で男が口を開いた。
「分かりましたわ、スクエアおじ様。」
ルキアと呼ばれた少女は薄く笑みを浮かべつつバールを握り直す。
「いち、」
それに気付かない様子で、穂積が彼らの潜む路地に近づく。
「にの・・・」
刹那。

その後ろの暗闇から不意に、二本の黒い手が二人に伸びた。
「わ!!」
「きゃ!?」 「!!!ッ・・・ぐは?」
緊張の一瞬にタイミングよく驚かされ、二人はバランスを崩し道路に折り重なった。
「ね?驚いた?ね、ね?」
暗闇から現れたのは化け物でなければ、怪しげな暗殺者でもなかった。年のころ二十歳頃か、赤毛の女性が子供のように騒いでいる。ルキアと同じく、かつて暗黒街に存在した孤児院、マーフィーホームの出身者。―現在は「アプリコットマーフィーの娘」と呼ばれている―その一員、ミモザだ。
穂積は目の前に突然現れた珍客たちにしばし呆然としていたが、それらが何者かを察知すると、身をひるがえし駆け出した。
「くそっ、てめぇ待ちやがれ!」
ルキアの下敷きになったままスクエアは拳銃を構え、発砲した。続いてルキアもどこからか取り出した大きな鉄釘を投げつける。しかしその無理な体勢で狙いが定まるはずもなく、穂積の体をわずかにかすめたのみに終わった。

「まったく…あんたのおかげで獲物に逃げられたじゃないか!」
これまた漫画のように頭から湯気をぷんすか出しながら、スクエアが吐き捨てた。
「…でぇ、小夜子さんとこのバイトは順調なの?」
「ってお前ヒトの話を聞けッ!」
ミモザはスクエアをまるで無視してルキアに話しかけている。
「ええ、皆さん優しいですし…」
そう答えるルキアはわずかに顔をしかめている。まだ日も高いというのに、相当酒臭い。今日が特別なわけでなく、彼女はいつもこうなのだ。現に今も、漢字の書かれた酒瓶を片手に携え時折口に運んでいる。
(「…マーフィーのパパンとやらは娘に何を教えてんだ…」)心の中でスクエアは毒づいた。彼女らの前で実際に「パパン」の悪口など口に出せば、良くて半殺しだ。

そんなこんなでミモザが先ほどの酒瓶を空にし、二本目を半分ほどあけた頃。ミモザは通りの向こうを進む人影を見つけ、そちらに駆け出した。
「おっ?ニードレットちゃんとスカーレットちゃんも発見!とっつげきぃ!」
彼女が突撃する先には三人の人物がいた。
先頭を歩くのはショートカットに眼鏡をかけた真面目そうな女性だ。その服は安全ピンや針、大きなリボンといった小物で派手に飾り付けられている。彼女もまた、アプリコットマーフィーの娘の一人。何でも屋・Purpurrotに所属するニードレットである。
そのやや後ろを、少女を背負った大柄な男が続く。彼もPurpurrotの構成員、阿黒だ。スクエアと同様に黒づくめの格好だが、もちろん普通の、やや精悍な体型をしている。
彼に背負われている小柄で細身な少女の名はスカーレット。アプリコットマーフィーの娘の一人で、やはりPurpurrotの構成員。見た目は幼いが、赤い服と鳥の頭蓋骨を模した仮面、両手の鉄の爪をトレードマークとする、怪力の殺人鬼だ。
服以外も赤黒い血で汚れており、道に点々と跡を残しているが、おおかた今日も人を殺して返り血をたっぷり浴びたのだろう。今は阿黒の背で寝ているのだろうか、顔を伏せたまま動かない。

ミモザの接近に気付き、ニードレットと阿黒は振り向いた。スカーレットは動かない。
「よぉーニードレットちゃん久しぶりぃ!元気してたぁ?」
満面の笑顔で話かけるミモザにニードレットは戸惑った表情だ。同じアプリコットの姉妹としては久々の再開を喜んでもよさそうなものだが。
「お~、スカーレットちゃんはイケメンにおんぶされておねむかい?」
阿黒は戸惑いを通り越してむすっとした表情だ。スカーレットは依然として動かない。
どこか、様子がおかしい。
「まったく、うらやましいぞ!この、甘えん坊が!」
ニードレットが制止するより先に、ミモザがスカーレットの頭を軽く小突いた。スカーレットはやはり、反応しない。それどころか力なく、がっくりと首をうなだれた。微笑むように薄く開いている目と唇に、生気はない。
「え゛!?」
ミモザが小突いた時のままの姿勢で固まる。
「え?」
ミモザは物問いたげにニードレットの方を見るが、黙って顔を背けられてしまった。
「えぇ~!?」
ようやく目の前の事態を理解しかけたようで、みるみる顔が青ざめていく。スクエアもそれを察知したようで、無言で帽子を引き下げた。ルキアは何やらただ事でないことは分かったようだが、まだそれには気付いていないようだ。

阿黒に背負われていたスカーレットが、既に死んでいることに。

酒瓶がミモザの手から滑り落ち、がしゃんと音を立て割れた。

(後編に続く)
[PR]
by tokiwailm | 2008-10-25 12:27 | Pixiv・ぴく悪
前回に続き暗黒街のイメージを。
以下はあくまで企画主(設定好き)の妄想ですので、
どれかが公式というわけではないです。今の所は。

①暗黒街≒香港九龍城要塞やゴッサムシティみたいなところ。
現代の大都市の中にあるんだけど、そこだけ妙に薄暗く、カオスな一角がある。
又は街全体がそうである・・・。そういうイメージです。
現実にある街だけど、そこだけ外界と違う治外法権的な場所というわけです。
比較的身近な感じですが、現実にある以上、ある程度の制限はあることになります。
ひょっとすると「北斗の拳」みたく世界全体がそうなっているのかもしれません・・・

②暗黒街≒ラピュタやムー大陸みたいなところ。
色々な国籍のキャラが出てきて、結局どこなのよ?となったとき考えたイメージ。
どこの国の領土でもないところに不思議な都市がある、というわけです。
だからといってラピュタは光景を想像すると凄すぎますが。
というかどうやって行き来しているのやら。

③暗黒街≒すずめのお宿や妖怪横丁みたいなところ。
あまりに治外法権すぎるので、これはもうこの世ではないのでは、と考えたもの。
悪人ばかりが住んでいる、異次元の隠れ里的なイメージです。
特定の条件を満たしたものだけが招かれたり、行き来できるといった
ファンタジー色の強い設定。
自由だけど、通常のヤクザ稼業はかえってやりにくいかも・・・。

④暗黒街≒魔物の潜む霊境、あるいは汚染区域
何でこんなに悪人が集まっているんだ?という疑問から考えたもの。
通常の社会では暮らせない人々が、一般人は近づかない場所に寄り集まって行き、
やがてそこに暗黒街が出来上がった、というイメージです。
元は霊場などの禁足地であったり、放射能事故で無人化している場所だったり・・・
実は悪役たちはそういった脅威に日々蝕まれているのかもしれません。
「ぴく森」の未来の姿が実は「ぴく悪」だったりして・・・(※あくまで妄想です!)

長々とすみません。まぁ、これらはあくまで個人的なイメージです。
結局は、参加者の方々でイメージを作ってもらっていいと思います。
[PR]
by tokiwailm | 2008-10-20 20:55 | Pixiv・ぴく悪
ぴく悪についての企画主雑記その②。
今回は「Pixivの暗黒街」というタイトルと「暗黒街」のイメージについて。

前回書いた通り、元は「Pixivの殺人鬼(仮)」が原案のこの企画。
悪役総合、ということで新タイトルを考えることになりました。
ストレートだと「Pixivの悪役」になってしまうのですが、
それだと何だか間の抜けた感じがしたので断念。

そこで、悪役と言えば裏社会だろう、そこから連想して「暗黒街」となりました。
「Pixivの暗黒街」という字句としての収まりのよさもありましたし。
(まぁこの後のキャラ背景の「Villians」を考案するのに苦労するハメになったのですが)

という訳なので実は当初、「暗黒街」というのは単にタイトルだけの存在で、
どこかに街があってそこが「暗黒街」、ということは想定していなかったのです。
しかし悪役の集団がある以上、街の実体がある方がやりやすいのは事実でして、
企画が進むにつれ「どこかにある街である」というのは周知の事実となってます。

私個人の考えているイメージ(公式ではない)はいくつかあるのですが、
長くなってしまったのでまた次回。
[PR]
by tokiwailm | 2008-10-17 22:12 | Pixiv・ぴく悪
一ヶ月以上放置状態(汗)のブログを再開です。

そこで、ぴく悪、ことイラスト系コミュニティサイト「Pixiv」内の企画
「Pixivの暗黒街」の記事も順次、ここに載せていくことにしました。
こちらでは文章中心で、企画主側の感想や企画の運営について、
また私個人のキャラについてなども色々語っていく予定です。

今回はまず、ラジオや先日のスカイプ会議で聞いた方も居るでしょうが、
企画のあらましを。
事の起こりは本来、全く悪役と関係ないジャンルのあるネットラジオの番組からでした。
ケモノ関係の人はご存知かもしれません、亡田青次氏の「けもらじ」です。
(しかし第四回最終回で掲示板も消失・・・惜しいラジオを亡くしました。)
勝手ながら視聴者の中では常連を自負していた私ですが、
今年春の辺り放送者の亡田氏がPixivに登録(現在ではラジオ同様撤退…(ノд T))
したことから関連の話題が出始め、中には「企画をやらないか」という話題も。

そんな中で候補に上がったのが「Pixivの殺人鬼(仮)」というもの。
これが後のぴく悪の原型です。
「キャラ同士で殺しあってもいい、ただしキャラクターは何度でも蘇る」
というルールも実は亡田氏の考案でした。

話は盛り上がったものの、いざ本気でやるか?となると当の亡田氏も「駄目かな~」
と遠慮し、視聴者からも手が上がらず。
このラジオ、何回か「最終回」と称して後継者を募集も、誰も手を上げない、という
お約束のパターンがあったりもしました。
そこで私的には「いつまでも亡田氏に負担をかけてはいかんな」と思い、
とりあえずの設定をまとめてみたのです。

しかし改めて見てみると、想像される内容のグロさ、違法(っぽい)性、危なさから、
このまま開始したら色々な意味で問題が出たり、下手すれば運営に怒られる、
という事態も想像できました。
そこで枠を「殺人鬼」以外の様々な「悪役」に広げ危険色(?)を薄めて、
それにあわせルールをまとめたのが現在の企画「ぴく悪」、というわけです。

こうしてぴく悪は始まりました。
次回以降はルール設定では書ききれなかったイメージなども書いていこうかと思います。
あと、今回のように一部ラジオの内容も載せていく予定です。
[PR]
by tokiwailm | 2008-10-15 20:49 | Pixiv・ぴく悪